Still Alive/04/2021

健康維持の活動ばかりしているように思われがちですが、今月はご予約をたくさん頂きまして、ひさしぶりにたくさん撮らせて頂きました。ありがとうございました。

卒業関係は少し鈍かったですけど、入学関係のご予約はたくさん頂きました。なぜ卒業よりも入学なのか、そのメンタリティはわかりませんが、この状況下で撮影に来てくださることは本当にありがたいです。

また。いつものように「毎年撮り続ける家族写真」を撮りに来てくださるご家族も多く、一年に一度、このご家族を撮らせてもらうと春を感じることが出来るようになりました。それは新しく撮りにお越し頂く方々も多く、昨年の4月10日、緊急事態宣言の中でウェディング写真を撮らせて頂いた新婚のご夫婦もお越しくださって、コロナ禍の中で僕に春の温もりを運んで頂いたような気がしています。

また今月はいつもパンフレットの写真を撮らせて頂いているバレエ教室の発表会が開催されました。昨年開催の予定で撮影をしていたのですが、コロナで無期限延期になり、ようやく開催されることになったのでした。それも後一日遅れたら緊急事態宣言で会場がクローズになっていたという・・・先生の強運が本当に素晴らしい瞬間でした。
僕が撮った生徒さん達が笑顔で躍動する姿は、この沈んだ世の中で大きな光になったのではないかと思います。ただただ感動しました!

そして、親友がまた出店するとのことで、その撮影にも行って来ました。紹介はまた改めて・・・。

たくさん撮影を行っても、体力と筋力がついたので全く疲労がたまらなかったです。体も楽で良いことしかない毎日。来月も健康維持の活動と共に更に飛躍出来るよう頑張りたいと思います。

Still Alive/03/2021

あっという間に一ヶ月が終わる・・・もう数年そんな感覚、それもそのスピード感は増すばかり。
それでも日々を充実させることが大事で、そう思って毎日を生きております。

今月もずっと健康管理に取り組んでおりました。2ヶ月続けて血圧も下がり、体重は20キロ減、足の筋力が付いたのと脈も呼吸も安定したのとで、軽いジョグまで出来るようになりました。全て家内のおかげと心から感謝しています。

生活習慣も食生活も変えながら取り組んでいるので、確かに色んな部分が変わってはきているのですが、一番大事なのは根本にある自分を見失わないようにすることで、それが出来ていれば、何かが変わってもブレることなく生きていけると思っています。

コロナ禍の影響はいまだに大きく、写真の方の仕事もなかなか良い方向になりませんが、諦めずにしっかりと取り組んでいきたいと思います。

そして、春になったので、いよいようめちゃんの味でも勝負をしかけていきたいと思います。どちらにせよ、今年は本当に夏が勝負だと思っています。

Still Alive/02/2021

昨年末に受けた健康診断の結果が1月の終わりに出まして、血圧が異常に高くなっている事が判明。思えば「生きてるだけでしんどい」という状況が続いておりましたが、それは完全にこれが原因だったのですね。
近所のいまむらクリニックの今村先生から「まだ若いんだから薬を飲まずに体重を落として数値を正常化しませんか?」と言われ奮起しました。ここで「薬を飲め!」と言われていたら、恐らく奮起しなかったと思います。
という訳で、今月は糖質制限と運動を開始し、15キロの減量に成功しました。
一番ベストの体重からこの4年で30キロ太ったので、一年かけてそこに戻そうと思っています。わずか一ヶ月で半分が落ちたことになりますが、大変なのはここからだと思っています。
そう!最初の10日くらいで一気に落ちたのですが、その後は停滞期に入り、それを抜けても5日で1キロ落ちるというペースに変わりました。それでも落ちない訳ではないので、変わらず取り組んでいけば、必ず最後に良い結果に辿り着けると信じております。

やっていることは、白米と酒を断ち、朝にプルーン入りのヨーグルトを食べ、昼は低糖質高タンパクな食事を摂り、夜はカロリーメイト1本という食生活です。
「それでストレス感じないの?」と言われることもあるのですが、とにかく昼ご飯に対して、家内がs全神経を注いで美味しく健康的な食事を作ってくれるので、それで満足出来るのです。
今回のことで今まで以上に彼女への感謝の気持ちが強まりました。彼女よりも1分1秒でも長生きして尽くし送ってあげたいと思っております。

運動の方は、毎日店が終わった18時から90分歩いています。昔履いて結果が出たMBTを履いてのウォーキングです。全身に負荷がかかる為、歩き始めた頃は45分くらいが限界でしたが、毎日続ける事で時間も距離も倍に伸びました。店が休みの日は少し遠出したり、それなりに楽しんでいます。
梅雨時期や雷が多くなると歩けなくなるので、そのタイミンングでスイミングと併用していきたいと考えています。

そんな訳で、今月はとにかく健康を取り戻す作業をずっと行っていた、そんな一ヶ月でした。
ブログに書くこともなく、ただただ毎日上記の生活を送っておりました。
多分、来月もそれがベースになると思います。

Still Alive/01/2021

年始から緊急事態宣言が出され、不穏な状態でのスタートとなりました。不要不急が叫ばれる中、代わり映えのしない街中に不安しか感じません。コロナ禍でやはり先は見えませんが、自分を信じて前を向いて進んでいきたいと思います。

という訳で今月はどんよりした日々が続きました。後半に京都会議の撮影に行きましたが、本来であれば感染に気を使いお断りしたいくらいでしたが、お世話になった方からのご依頼だったので、頑張って行って来ました。宣言前のご依頼だった為、スケジューリングして何度も往復するよりも宿泊と思いましたが、何もなく外出出来ない京都というのも、それはそれでとても切ないものがあり、仕事で行ってるとはいえ、そういうことを思い心が寂しくなりました。こういう日々がいつまで続くのか・・・本当に早く、一日も早く収束してほしいと心から願います。

健康診断の結果が思わしくなく、食生活の改善をはじめました。思えばもう50歳。今までと同じという訳にはいかないですね・・・。

色んな意味で今年は大変になりそうです。

Still Alive/12/2020

今日で2020年も終了です。始まった時は「いつもと同じ」という感覚でのスタートでしたが、終わってみると、自分の人生の中でも大きな一年になったような気がします。
今まではやはり阪神大震災が一番大きな出来事だったような気がしますが、こういう未知のウイルスの恐怖に晒される経験も初めてだったし、それに伴い社会全体の混乱も経験したことが無かったので、死ぬ前に振り返ると、「あの年は大変だった」と思う年だったと思います。

仕事的にも4月10日の撮影を最後に完全にストップしました。うめちゃんの味の業務があったので気持ちが一気に落ち込むことは無かったですけど、心のどっかに「この先どうなるんだろう」という不安が常にあり、どこかのタイミングで写真業務を休止してうめちゃんの味一本に絞った方が良いのではないかと思いながら生きた夏だったと思います。
独立した後は特に夏の外現場を多く経験してきましたので、「夏空」を全く見なかった夏は初めだったと思います。

秋になって仕事が戻り、逆に忙しくなるほどで、写真も諦めずに継続出来る手応えを感じることが出来ましたが、それでもまだまだ先の不安が消える訳でもなく、この混沌とした世の中で、自分はどうやって写真を撮っていこうかと思う毎日です。

年末に我が家恒例の「京都で二人だけの忘年会」を行うことが出来またことが、少しだけ来年に向けて気持ちを明るくもてる材料になりました。

とtにかく家族全員が健康で生きていく。それが一番の目標です。

今年も一年多くの方々に支えて頂きました。心より感謝致します。
来年もまた多くの方々とふれあい生きていきたいと思います。

良いお年を。

Still Alive/11/2020

信じられないほど忙しい一ヶ月でした。「この先どうしよう?」と考えていた夏の頃を思うと本当に信じられない忙しさでした。

実は9月の半ば頃、あまりにもスタジオの需要が無かったので、11月一杯をメドにスタジオ業務を休止して、スタジオ部分は餃子とカレーのお店メインに移行する方向で腹を括り始めていたんです。
そうしたら、10月中旬くらいから11月一杯までのご予約が殺到して、スタジオ業務を休止することなく、このまま継続出来るという手応えを感じることが出来ました。
そして、それを実践した今月だったような気がします。

本当にたくさんのご家族を撮らせて頂きました。毎年お越し下さるご家族、今年初めてお越し頂いたご家族、成人式の前撮り・・・多くの方に僕のシャッターを救って頂いたような気がします。

つないで頂いたシャッター、これからも大事に大事に続けていきたいと思います。

そして、スタジオ業務以外での仕事も戻ってきまして、中でも動画の案件を多くご依頼頂き、「撮ってるか編集してるか餃子を売ってるか」そんな毎日を送っています。

来月でいよいよ今年も終わりです。コロナはまだまだ収束する気配がありませんが、健康をキープして走り抜けたいと思います。

Still Alive/10/2020

急に忙しくなりました。なんか「動き出した」という感じしかありません。良いことなのだと思いますが、長くヒマな時間が流れ過ぎたので、体と心が付いていかない感じでしょうか。先月くらいから一気に!という感じなので本当に気持ちが全くついていかないです。体の疲れは寝ればなんとかなるんですけど、メンタルはなかなか難しいです。
まぁ、フィジカルも若くはないので、割とキツいといえばキツいんですけどね・・・。

上旬にも京都で二日間の撮影があってGo To トラベルを使い、下旬には九州に行った時も使い、その翌日は日帰りで松山までと、外での仕事も戻ってきております。

勿論、合間にスタジオでの撮影も戻ってきているので、気持ち的には数ヶ月前の「この先どうなるんだろう?」的な不安からは少しだけ抜け出れたような気はしているのですが、それでもまだまだ安心は出来ないというか、普通のインフルエンザくらいの扱いにならないと、やっぱり世間は元には戻らない感じはします。

うめちゃんの味の方は、僕が外現場に行くことが多かったので、若干来客が減った印象です。数字はガタっと落ちている訳ではないのですが、僕自身がそう感じる今月でした。

少し方向性で軌道修正を入れることになると思います。企画書的なものも書きました。本業が忙しくなってきたタイミングだったので、そういう意味でも少しメンタルに響いた今月だったのかもしれません。

撮ってる写真にブレはないんです。良い写真をたくさん撮った自負もあります。僕にご依頼くださる方の気持ちに応える写真は確実に撮れているので、そういう意味では何の心配も不安もないのですが、とにかくコロナ禍でペースが乱れたことだけは確かなんですよね。流れ出したらすぐに元に戻っていけるとは思うんですけど、その調整をしていた今月なのでしょう。

秋は毎年続く「サンプラスさんのカレンダー」と「真心米」の仕事があって、それに関連して毎年見ている風景を見ることで、Still Alive、文字通り「まだ生きてる」と実感出来る季節であり、「もう今年も終わるな」と気持ちが追われる季節でもあります。

それでも僕は秋が好きです。来月も良い時間が流れることをただただ願います。

Still Alive/09/2020

スタジオでの撮影は戻りませんが、企業様からのご依頼の出張撮影は少しずつ戻ってきました。今月も何度か出張撮影に出ましたが、訪れた先でも少しずつ元に戻りつつあるような、そんな雰囲気がありました。もう良い加減元に戻っても良いのではないかと思うのですが・・・。

そうしてペースが戻ってくると、芦屋うめちゃんの味の定休日に出張撮影を入れるので、自分の休みが一切無くなることになる訳で、独立当初の10年前くらいならまだしも、五十路に入った僕にとっては、なかなかフィジカルにもメンタルにも響きます。

新幹線の車窓から流れる景色を見つめながら、色々考えていかないとなぁ・・・と思っておりました。コロナが一つのターンイングポイントになると思えるほど、色んなことで自分の仕事を取り巻く環境が変わっていってます。

餃子やカレーを売ることとスタジオ業務の二足のわらじをなんとか履こうとしてきましたが、それはそれで本当に難しく、このコロナでスタジオ業務が激減した今だからこそ、少し注力する方向性をしっかり考えていかないといけないのではないかと思っています。

振り返ってみると、「あの時ああだからこう考えた」と思うような、そんな重要な2020年9月だったような気がします。
ええ、気のせいかもしれませんが・・・。

2018年にご依頼頂いた某中学野球部のドキュント撮影の延長で、彼らが高校生になってからも追っています。今年の夏はコロナの関係で練習や試合を一切撮る事が出来なかったのですが、今月ようやく練習試合の一部の撮影が解禁され、久しぶりにグランドに行って来ました。
見上げた空が完全に秋空で、今年は夏空を見上げる事なく終わったということを感じる9月の終わりでした。

Still Alive/08/2020/

少しだけ落ち着いた今月。テレワークが続きながらも美味しいものを作ってくれていたカミさんの為に京都に行って来ました。
外食は、「いつも美味しいものを作ってくれる人の為にするもの」だと思っていますし、外で食べることが外食ではないと思っています。「美味しいものを食べる為に足を運ぶ」ことが、外食の概念だと思って生きております。
また、店を選ぶ基準は「店主が作っていること」です。他店舗展開は論外として、オーナーシェフが作らずホールで喋ってる店はどれだけ美味しくても行かないです。
そんな勝手なこだわりを掲げるので行くお店は限られるのですが、結果的に本当に心から楽しめるお店に巡り合えるので、こだわりは大事だと感じています。
そんなお店にカミさんと二人で行ってきた訳ですが、やはりまだ街自体が元に戻った感じが一切無く、どことなく悲しく切ない思いも残りました。早く前のようになってほしいと願うばかりです。

仕事の方もやはり難しいです。なかなか元に戻らないです。このままだったらどうしよう?と思いながら、でもいつか雲が晴れることを信じて、コツコツしっかりと日々取り組むだけだと思っています。

暑い暑い毎日を過ごした今月。来月もまた残暑が厳しそうですが、夕空に秋を感じられるようになったので、良い風を求めて頑張っていきたいと思います。

Still Alive/07/2020/

今月は少し落ち着いたような気がします。5月末の自粛解除から写真のお客様が戻ってきてくれて、逆に餃子のお客さんが落ち着きました。今月は値上げも行ったので尚落ち着いた印象です。少しずつではありますが、両立のバランスも上手く取れ始めているような気がします。
写真の方は会社関係の撮影が戻ると万全なのですが・・・こればっかりはもう少し時間がかかりそうです。

世間ではGoToキャンペーンだなんだと言ってますけど、なんか全くそういう気分になれないです。出かけなくて良いのであれば出かけず済ませたい。そう思います。仕事で出なきゃいけないこともありますので、普段は余計に出ずに済ませたいです。

6月初旬に就活の写真を撮りに来てくれた子が「内定貰いました!良い写真を撮ってくれたおかげです!」と言いに来てくれました。それだけでも充分嬉しいことなのですが、撮影に来てくれた時に「これを食べて頑張って!」と言って餃子を渡したのですが、「餃子に元気を頂きました!そしてとても美味しかった!」と言って買いに来てくれたのでした。
僕が撮った写真と照本さんが提供してくれる父の味が、こうして人様の人生に携われることが出来て、それは本当に嬉しいことで、ここでこうやって仕事をしていることが間違ってはいない!と証明してもらったようで、心の奥底から温まりました。

いよいよ夏本番!今年は梅雨が長かったですけど、来月は暑くなりそうです。