特別参加させて頂きました!

独立前まで僕がしていた仕事は、ホテルの中で宣伝広告物を自社で制作したり、イベントの企画や商品開発等だったのですが、それを行なうまでは料飲の現場にいました。勿論、最初は洗い場から始まり、料理を運んだりするサービスを経て、最終的には人事的な部分を含めたマネージメント職になった訳ですが、その頃に芦屋食品衛生協会という団体の事業を手伝わせて頂いた経緯で、食品衛生指導員になり、体験発表の全国大会にまで出させて頂いたのですが、独立と共に食に携わる仕事では無くなった為、指導員の資格は失効、協会とは関係の無い立場になり、ホっとした気持ちが大半を占めてはいたのですが、心のどこかに寂しさを感じたりしていました。

というのもこの団体の皆さんが本当に良い人ばかり。年に数回の講習会や懇親会でお会いするのが本当に楽しみだったんですよね。

で、今日。毎年2月恒例の懇親会に特別参加という事で呼んで頂き、参加してきた次第です。

いやぁ、ありがたいですね。皆さん相変わらず暖かく、そして優しく、基本的に“部外者”である僕を今まで通り受け入れて下さいました。こういう人の情は心に染みます。あまりにも染み過ぎてちょっと飲み過ぎてしまいました。勿論、飲み過ぎて写真も撮り忘れ・・・反省。

今後も僕に出来る事は協力させて頂きたいと思いますし、またこういう席に呼んで頂けるよう、コツコツと頑張っていきたいと思います。

宮崎は今日も雨だった

という訳で、昨日と今日、宮崎に行っておりました。まだまだ公表出来ないのが辛いところですが(もったいぶってる訳では決してありません!)、現在進めている話に関して、原監督へ報告に行ってきた次第であります。

話的にはありがたい言葉を頂き、順調過ぎる程に順調です。皆さんの思いを受け止め、しっかりした仕事をしないといけないと思っております。

さて宮崎。竹園時代の13年前、当時の監督であった長嶋監督より誘って頂いて以来ずっとこの2月に通って来ました。今年はもう仕事が違うので行く事は無いと思っていたのですが・・・。

13年通って来たとはいえ、殆ど球場とホテルの往復くらいで実はあまり詳しくありません。

でまぁ、何が楽しみってやっぱりチキン南蛮でしょうか。ウチのカミさんが大好きなんですが、やっぱりファーストインパクトの大きさで、おぐら本店で食べるようにしています。一番最初にここで食べた衝撃は本当に大きかったので。

今ではすっかり全国区になったチキン南蛮ですが、10年前は本当に宮崎くらいでしか見かけなかったですからね。

宮崎もすっかり“そのまんま”な感じになってきてますが、いつまでも宮崎らしさが無くならないように願うばかりです。

昨日も今日もあいにくの雨でしたが、帰りの空港でキング・カズに遭遇したのと、我々と入れ違いにきた桑田さんを無事にお迎えする事が出来たので良かったです。

それにしてもキング・カズ、マジでカッコ良かったです。ボ~っと見ていたらマネージャーさんに怒られてしまいました。スミマセン。

宮崎でも宿は変えません。ずっと「オーシャン45」です。今ではシェラトンになりましたが、根底に流れる雰囲気は変わりませんね。ここも温泉が良いんですよね。近代的なホテルなのに全館浴衣で過ごせるという、なんともいえない空気が流れているホテルです。そこが魅力だと思いますが・・・。

このホテルでは色々な思い出があるんですが、それはまた別の機会に。

雨故に殆ど写真も撮らず味気なくてすみません。球場で紅白戦とか見させて頂いたのですが、なんか写真撮るのも違うし・・・。

やっぱり参拝!

という訳で今回も行って来ました。信頼出来るその筋の方に言われたので、やっぱり守ってしまいますね。そのきっかけを作って下さった人も心から信頼出来る人ですし。

今回はたまたま一緒になったカミさんと言って来ましたが、ウチのカミさんはある意味陰陽師ですから(実際にそういう行為が出来る人です)、なんとなく俺に回ってくるはずの良い気が彼女にいってるようでヤな感じでした。

それにしても清正井の人気は凄まじいですね。昼の時点で受付自体を閉め切ってましたからね。なんともいえないものがありました。

なんともいえないといえば、参拝後、カミさんは僕を残して先に家に帰ってしまいました。東京に一人残されるのは切ないものですね。

温泉があるから!

2008年の8月から仕事の関係で毎月東京に来ています。2009年の5月に独立したので、それ以降と以前では仕事が全然違いますが、ありがたい事に東京での仕事は毎月ある訳です。

で、僕は毎月上記のホテルに泊まっています。ザ・プリンスパークタワー東京です。僕は基本的に宿は変えません。気に入ればずっとそこに行く。仕事の流れとかを考えても、一つのスタイル(移動を含め色々)が構築されるので、余計な事を考えなくて良いんですよね。このホテルの場合、大江戸線、三田線、浅草線がありますので、非常に動きやすい。ついでに言えば浜松町も近いので新幹線でも飛行機でもどっちでも良い。勿論、僕は三度の飯よりN700系が好きな男ですから、あまり東京モノレールに乗る事は無いんですけどね。

と言いつつ、なぜにこのホテルに泊まり続けているか?と言った場合、地下に天然温泉があるというところでしょうか。これ、本当の温泉ですから、非常に気持ちが良いです。都心でこれだけくつろげる空間はありません(勿論、僕にとっての話)。

故に姉に薦められて一度泊まって以来、ずっとここに泊まってます。結果、高嶋政伸主演のドラマ「ホテル」におけるプラトンの常連のように、館内で色んなスタッフから声をかけられるという、少しこっ恥ずかしい事になったりもしております。いやいや、皆さん、いつも本当にありがとうございます。

西武が日本一になった時は良い部屋にも泊まりました。勿論、西武ファンであるはずが無いところがミソです・・・。

色々お得なプランもあり、もの凄く高い訳でもない所も気に入ってるんですよね。春は桜が綺麗で夏場は蝉の鳴き声が心地よく、自然に囲まれているので秋風も最高だし、冬は冬で・・・まぁなんか良さもあるでしょう。

ある意味、染み付いてしまってるんですよね。良い事も悪い事も色々あって、それを温泉で洗い流してきたから、温泉に入った時に湯気と共に匂う独特な温泉の匂いに色んな事を思い出し、仕事をしていく上で忘れてはいけない感情を思い出させてくれたりもするんですよね。

ホテルというものに何を求めるか?で変わってくるし、価値観も人各々だと思いますが、僕はここが気に入ってます。だから一番の理由は温泉があるから!なんですけどね。

楽しい一時でした!

まだ会社員だった2004年、食品衛生協会という団体のIT事業の委員会に選出され、一年間に渡ってボランティアでその活動を行なったんですが、その時に知り合った3人の方と今でもお付き合いをさせて頂いております。年四回、春夏秋冬で食事をする「四人会」というグループです。

昨夜は、その「四人会」の冬の例会が芦屋市内のアグリオというお店でありました。

右から六甲味噌さん(味噌屋さん)、田中金盛堂さん(昔ながらの手焼煎餅屋さん)、杵屋さん(和菓子屋さん)です。僕も今では食品を“売る”から“撮る”に変わりましたが、変わらず仲間に加えて頂いております。

独立後、すぐに仕事を頂き、皆さんの店頭に僕が撮った写真のポスターが掲示されている事は、僕にとって誇らしい事です。いつか芦屋中のお店の店頭を僕の写真のポスターで埋め尽くしたいというのが僕自身の夢ではあるのですが、四人会の皆さんにはその第一歩を提供して頂きました。感謝の気持ちで一杯です。

食というキーワードはありますが、各々の商売の上に成り立つ経験談等、本当にためになる話が多く、末永く継続していければ良いなと思っております。勿論、それ以外の話も楽しいから続いていく訳ですが。

幅広い年齢層なのに和気藹々とした会が開けるのも、年長の六甲味噌さんの人柄だと皆で感謝しております。

毎回幹事が店を選ぶのですが、僕は春の幹事。次は僕の番なので、また良い店探しておかないといけないですね。

肉を突き抜けるイメージ

姉のご主人であり僕にとって義兄にあたる義兄サン(ニイサンと読む)からいつも良いマッサージを紹介してもらってるんですが、芦屋市内にあるSAVERは中でもピカイチに最高でした。

詳細はホームページをご覧頂くとして、根幹バランス療法というのがなかなか効く訳です。イメージとしては、指が肉を突き抜けて、患部に直接当たり、悪い箇所を削いでいくという感じ。

会社員時代は身体よりも心が疲れる事が多かった訳ですが、独立後は心が一切疲れずに身体が非常に疲れます。故にこういうメンテナンスは絶対に欠かせず、義兄サンからの情報で色々行く訳ですが、なかなかドンズバな所は無かったんですよね。でも、ここはまさにドンズバです。

綺麗な部屋で心底リラックス出来るので心が疲れてる人にもお薦め出来ると思います。どちらにせよ、心身共にリラックス出来ると思います。

友来る

今日は株式会社サンプラスのT専務が来社。といっても、高校時代からの友人で、ずっと竹園で共に働いて来た戦友でもあります。今ではお互い各々の道を歩き、独立後に撮影の仕事を回して頂き、僕の写真を気に入ってくれて仕事としての付き合いも続いているという関係です。

ウチのスタジオの一番のウリは料理人だった僕の父が作るまかないなんですが、今日もT専務を含め皆でワイワイ楽しく頂きました。

食後、色々な話を長くさせてもらいましたが、やはり腹の中全部を見せ合える友との語らいは素晴らしい時間でした。

来月早々、松山の工場での撮影依頼を頂きました。良い写真を撮りたいと思います。

心の伝え方

今日は僕にとって大切な人のご家族の方に不幸があり、その葬儀に行って来ました。喪主をつとめるその人の涙に色々考える事も多く、いつか訪れる自分と自分の家族との別れの事等を考えさせられました。

毎日生きていると、当たり前の事を伝える事をしなくなります。自分の心を大切な人にどう伝えていけば良いのか、今日からの課題にしたいと思います。

尋常じゃない寒さなので

今日はカットに行って来ました。いつも神戸まで行くんですが、カミさんと同じ人に切ってもらってます。ずっと職場である竹園の横にあった所で切ってたんですけど、一昨年に廃業してしまったので、カミさんの紹介で今の所に行っています。

ノーワンエルスというお店の富永さんという人に切って頂いていますが、僕と同い年で話が合うんですよね。勿論、腕もしっかりしてますし、何よりもスタッフの教育が行き届いていて、お店全体の雰囲気が最高です。

薄くなった僕の頭に対してソフトモヒカンを導入してくれたんですが、さすがに今日は尋常じゃない寒さだったのでサイドのバリカンは拒否しました。次回、よろしくお願い致します。

でも、なんであんなにバリカン使いたがるんや?

神様ごめんなさい!

縁あって昨年の4月に明治神宮へ参拝に連れて行ってもらってから、僕には明治神宮の“気”が入っているらしく(ホンマかいな)、出張で東京に行った時は必ず参拝するように!と、とある人から言われ実践しております。

勿論、「財布を新しく買ったのでよろしくお願いします」だとか「毎日御飯が美味しく食べれますように」的なお願いばかりな訳ですが・・・。

今日も麻生ジャイアンツさんの練習場で少し打ち合わせを行なった後、時間があったので参拝に行ってきたのですが、祭日である事をすっかり忘れており、もの凄い人出でビックリしました。

ちなみに姉から「財布は毎年変えるように!」と言われており、年明けに新しくしたところだったので、今日の参拝は懐に入れた財布をさすりながら「よろしくお願いします」と何度も呟くという、まったくもって不謹慎な参拝でした。神様、ごめんなさい。