2月好発進!・・・なのか?

という訳で2月ですね。昨日も撮影が入り、明日も撮影が入り、なんとなく好発進!という感じではあるんですが、なんとなく体調が悪いのが気がかり。カミさんに言わすと「食べ過ぎ」らしいですが・・・。

今日はウチのStudio dpのweb及びシステム担当として業務提携している今村氏が顔を出してくれて、現在抱えているシステムの不具合に関して色々検証したりしていた訳ですが、こういう作業は割と目に見えないのでストレスたまりまくりですよね。

まぁ、お客様が満足してくれないと仕事が終わりませんので、とにかく一つ一つ問題を潰していくだけではありますが・・・。

とにかく体調を整えて、なんとか良い形で乗り切っていきたいと思っています。いや、だから食べる量を減らせば良いだけなんでしょうけどね・・・。

写真とデザインのスタジオの割にブログに写真が少ない!というお叱りのメールを頂きました。そりゃそうですね。今月はそういう部分も強化していきたいと思います。

サンキューだけは言える!

今日は芦屋市内の学習塾で開始されるという英会話教室のPRポスターの作成依頼と、それに伴う先生の撮影を行ってきました。

いやぁ、やっぱり外国の方はさり気なく表情を作るのが上手いですね。いわゆる“作り笑い”的なスマイルが自然に出ます。故に撮影もサクサクでした。

しかしこの先生、僕に全く日本語を喋ってくれなかった。一応、サンキューだけは言えるので、サンキューを連発しておきましたが、やはり別の言葉を言えたら楽しいだろうなぁと思ったので、僕も教室に通おうかなぁなんて思ったり(当然ですが本当に行く気はありません)。

違いは歴然! 胸の幅!

今日は僕のスタジオの隣にある素敵なエプロン屋さん「LE TABRIER」様の撮影でした。独立後、挨拶に伺ったら是非ウチの写真を!と仰って頂きおつきあいが始まり、月に数回撮影させて頂いております。

いつもLE TABRIERのスタッフの子がトルソーとエプロンを持ってスタジオに来て、アシスタント的な仕事を行ってくれるという、至れり尽くせりのクライアントさんです。ありがとうございます。

今日はマダムが新作の男性用のエプロンを作られたとの事で、それを撮る事になったんですが、今までずっと女性用のエプロンばかりだったので、男性用のトルソーが無い、と。

で、女性用のトルソーに着せてみたんですが、当たり前ですが全然様にならない。

結局、僕がネットで男性用のトルソーを物色して購入する事になりました。

やっぱり男性用と女性用では胸の幅が全然違うんですよね。故に割とゴツくなりそうな感じなんですが、マダムのセンスでかなり良い感じに仕上がってました。男性用トルソーが届いて撮影が終わったらまたご紹介したいと思います。

イタリア国旗

今日はホテル竹園芦屋様で撮影。独立後、社内でしていた仕事をそのまま発注頂いており、月替わりのメニュー等の「月末ルーティン作業」をそのままさせて頂いている、僕にとってはありがたいクライアントさんです。

竹園時代から月に一回、料理人の方と、ある意味勝負出来るこの仕事が、僕の仕事の原点なんだと思ってます。

今月も竹園のメインダイニングであるレストランきくのフラッグシップメニューを中心に撮らせて頂いたのですが、但馬牛を扱う精肉店を持っている竹園だからこそ出来るメニューである「肉づくし」に関して、担当の水谷氏より撮影中「何か気付かないか?」と。言われてみればメインの料理が以前イタリア鍋として出されていたメニューのリメイクだったので、その事を告げると、他のメニューも全部イタリア風にしたとのこと。あぁ、そう言われるとラビオリとかあるね・・・。

で、水谷氏。「イタリア風である事をアピールして欲しい」と。じゃぁ“イタリア風”って書けば良いじゃないですかと返すと寂しそうな顔をする。聞くと以前フレンチ風に仕上げた時、フランスの国旗を入れてもらった、と。どうも僕が所属していた事業部のスタッフがそういう仕事をしたらしい。

じゃぁって事で、今回は僕がイタリア国旗を書いておきました。

料理人のこだわりを撮るだけではなく、そういう所もフィードバックさせる仕事がしたい、常にそう思ってます。

気持ちの良い空

今日は羽曳野のシャインケミカル商会様にて打ち合わせ。縁あって色々仕事を紹介してくださるコピーライターのO女史と共に行って来ました。

シャインケミカル商会様は、PL学園の近くにあり、昨年桑田さんを乗せてPL学園まで行った事があるので、その時の事を思い出したりしながら向かいました。あのPLの塔を見るのも久しぶりでした。

打ち合わせ内容は、同社が手がけている新商品に関して。パッケージに使う写真を撮らせて頂き、O女史と共にパッケージデザインを担当させて頂いております。

昨秋、同社のホームページを担当させて頂いてからのおつきあいですが、代表のAさんは気持ちの良い方で、今日はご子息(これまた気持ちの良い方でした)にもお会い出来、打ち合わせが終わった後、事務所を出て見上げた空が冬だというのに春先のような気持ちの良い空で、良い仕事をすれば、こういう気持ちの良い空を見る事が出来るんだ!と思い、とても清々しい気持ちになれました。

気持ちの良い仕事をさせてもらいながらお土産まで頂き、本当にありがとうございました。

子供って凄いですね・・・

今日はスタジオで芦屋チャンティさんというバレエ用品を扱っているショップさんの撮影でした。子供用のレオタードがメインなので、オーナーさんの娘さんや知り合いのお子さんがモデルをつとめてくれるのですが、これがまた凄い。我々が子供の頃って、あんなにカメラの前でポーズが取れたかなぁと思う程、今の子供達は物怖じせずにポーズを決めまくってくれます。個人的にモーニング娘以前以降と分かれるような気がするのですが・・・。

撮影自体はアットホームに進み、無事に撮り終える事が出来ました。それもこれも子供達の力が大きいですね。

恐らく、子供達の中に「こうすれば喜んでもらえる」という計算が確実にあるのだと思います。ブレイクに入った瞬間、ちゃんとオフの顔になり、サインが出ればオンの顔になる・・・。子供って凄いですね。

遠くへ行きたい!

縁あって(本当に縁に助けられております!)知り合った保育園の先生から連絡があり、ちょっと遠出して来ました。めでたい料理写真を使った今年の僕の年賀状を見て連絡頂いたようです。ありがたいですね。

勿論、仕事の話で撮影依頼でした。僕は基本的に撮影以外でもデザインやホームページ制作等を行ないますが、やっぱり写真の仕事が一番嬉しいので、ちょっとテンションが上がり喋り過ぎてしまったかもしれません。先生、ごめんなさい。

とりあえず、正式に決まるかどうか分かりませんが、頂ければしっかりやっていきたいと思っています。いままで見た事のない景色(要するにした事が無い仕事)を見れるというのは、やっぱり嬉しい事ですから。

保育園の場所は割と下町(失礼!)で、駅からの道中、なんとなく懐かしい空気を感じながら歩いておりました。

子供の頃、♪知らない街を歩いてみたい~♪という薄暗い曲と共に始まる番組に対し、恐怖心すらおぼえていましたが、今ではまさにドンピシャでそんな心情です。

遠くに行きたい。でも、現場はそんなに遠く無い方が良い。←贅沢。

本が出るまでの道程は遠い!

今はまだ詳細を書く事が出来ませんが、色々あって本の出版に関しての打ち合せを本日某編集部にて行なってきました。当然の事ながら、ここに至る過程でたくさんの方のお世話になり、感謝の気持ちを胸に編集部に向かったのでした。お礼は正式に書けるようになったら改めて書かせて下さい。

当たり前ですが、本を出した事なんてないので、何もかもが初体験。編集部の方にリードして頂きながら進行中であります。

時期が来たらここで紹介させて頂きたいと思っております。よろしくお願い致します。

しかし今日も寒かった・・・。おまけに雨まで降って大変でした。

ユニクロに飛び込んで傘を買って、打ち合せまでの時間を調整する為に映画を見たんですけど(2012を観ました)、年末にタイムリーなドキュメントを観た後だったので、もの凄くリアルに響いてしまい、ただただヤな感じだけが残りました(映画的にもヤな感じだった)。釣りバカにすれば良かったヨ・・・。

麻生ジャイアンツ練習場所にて

先日納品したホームページの件でマネージャーさんと直接打ち合わせする為、麻生ジャイアンツさんの練習場所にお邪魔してきました。今春中学一年生になる7期生の皆さんの入団式にもweb担当という事で挨拶させて頂き、身が引き締まる思いです。

麻生ジャイアンツの父母会の皆さんは、本当に結束が固く、それは伝統と言えるのかもしれません。

というのも、麻生ジャイアンツの一期生の方々が全国大会に出場した際、お世話をさせて頂いたのが竹園在籍時の僕でした。当時から父母会の結束力と子供さんへの愛情が際立っていましたので、その伝統が年々受け継がれて更に強固になっているのではないでしょうか。

そんな父母会の皆さんと共に、僕自身も何らかの力になりたい!と色々提案させて頂きました。今後も皆さんと良い形で一つの物を作り上げていければと思っています。

練習終了後、桑田さんに新年の挨拶を行いました。今年もよろしくお願い致します。

納品がゴールではありません!

元巨人軍、元メジャーリーガーの桑田真澄さんが会長をつとめる少年野球チーム、麻生ジャイアンツさんのホームページを本日納品させて頂きました。

桑田さんとは、僕が以前勤めていたホテル竹園にて、巨人軍時代に遠征に来られていた際にお声をかけて頂き、以来親しくお付き合いさせて頂いております。

昨年独立した際、一番最初に仕事の話をしてくれたのが桑田さんで、その仕事の内の一つが、麻生ジャイアンツのホームページのリニューアル作業でした。独立後、すぐに挨拶に伺った代官山のイタリア料理店で、不安だった僕の心に光を照らして下さった事、今でも忘れません。

以後、昨年の夏合宿にも顔を出させて頂き、練習場にも足を運んで素材撮影を行い、11月の父母総会にて正式に案内頂いて、ようやく今日の日を迎えました。感無量です。

とはいえ、ここからが本当のスタート。納品がゴールではありません。これからまだまだ良いサイトにする為、スタッフや父母会の皆さんと力を合わせて頑張っていきたいと思っています。