10年という時を撮る

真心米の生産者の橋本さんは、僕にとって実際の親戚の叔父さんよりも親戚の叔父さんのような存在です。
この人の男気が無ければ真心米は成り立たない訳で、初めて会った10年前、真心米のプロジェクトを引き受けてくれる人を探していた際、「ワシで良ければ」の一言で僕を救ってくれたことを昨日のことのように思い出します。

何度も通った初年度に始まり、2年目以降は9月にパッケージ撮影を兼ねた稲刈り、11月に発送作業と年に2回通って来ました。
いつも書いてますけど、橋本さんが待つその地に行くという事は、僕にとって(きっと桑田さんにとっても)親戚の叔父さんの田舎に行くような感覚で、9月にワクワクしながら眺める特急ソニックの車窓の眺めと11月の帰りに吐きそうな程に切ない車窓の眺めのコントラストは、10年経っても全く何一つ変わることなく、僕の人生にたくさんのものを与えてくれました。
4年目くらいからは駅で別れる際、なぜかお互い涙ぐんでしまって・・・ホームで風に吹かれながら、本当に色んな思いを重ねてきました。

実は今年の10年目の真心米のパッケージ写真は、桑田さんと橋本さんの2ショット写真で!と密かに決めていて、僕が思った通りの写真が撮れて、これでいきます!と言ったところ、橋本さんから「皆、桑田さんのパッケージを楽しみにしちょるからワシが写っとったらガッカリさせてしまう!写真だけありがたく貰っておくわ」と照れたように笑って、それがとてもカッコ良くて、少し泣いてしまいました。

10年目の桑田さんと橋本さん、二人のこんな笑顔を撮る事が出来て僕はとても幸せです。同じ10年という時間を共にしてきた僕にしか撮れない笑顔だという自負もあります。

今年のパッケージで10枚の写真が並ぶ事になります。NPOを通じてお米の活動をしていた頃は、それなりに気を使って、真剣勝負のバッテリーのような呼吸で撮って来ましたけど、ここ4〜5年は肩の力が抜けて、リラックスしてキャッチボールしてるような、そんな感覚で撮っています。

ちゃんと僕の写真が向かっている方向にある一枚。大好きな写真が増えました。

ロード2020夏

先日、中学時代からの大切な友人から一本の電話が入りました。
「麻布十番に新店をオープンするから写真を撮りに来てくれないか?」
「コロナで大変な時だから無理に受けなくても良いけど、出来ればやっぱりお前に撮ってもらいたい」
そう言われて断る理由は何一つないじゃないですか。
仕事の依頼という部分でも当然ありがたく、そういう意味でも断る理由はないのですが、彼が神戸に一番最初の自分のお店を出した時に「写真はお前しかいない!」と言ってくれて、以降、新しいお店を出す度、何かある度に「お前の写真!」と言ってくれる以上、僕に断る理由はありません。

個人的に、色んな情報が流れる中、自分自身が納得出来ない以上、「ロードに出る」という気にはなれず、「愛車」とまで呼んだN700系、それもSの走りを堪能してぇなぁなんて気持ちにもなれなかったし、東京に住む従兄で大親友のヤスヤさんに「仕事でそっち行くから飲もうや!」と声をかけるも「会社で飲み会禁止されてんねん・・・」と断られたり、やっぱりまだまだ「ロードに出る」という気持ちになれない中での今回の依頼でした。
なので山手線や地下鉄にも乗らずタクシー移動を選んだり、前泊も後泊もせず、現場以外に行かず日帰りという、いつもと違うロードになりました。

後藤君からの依頼でなければ断っていたかもしれません。
僕には「頼む」と言われて断れない人が数人いますが、彼もまたそういう一人です。
独立してがむしゃらに進む道の途中、彼が僕に「お前の写真じゃないとアカンねん!」と言ってくれたその言葉は、空から射す一筋の光でした。
あの大きい声でスベリ気味のコメントを飛ばしながら、でも心の奥深いところで相手を思いやる、そんな優しい男です。

色々あると思いますが、ずっと撮ってきた俺が太鼓判を押します。

「良い顔してるよ」

心配要りません。新しいお店も流行る。間違いない。
デカい声の人間に悪い人はいないです。
彼は特別声がデカいので特別良い男です。
そんな男が作る蕎麦です。美味しいに決まってます。

いつかきっとニューヨークに蕎麦屋を出すと信じてます。
蕎麦で世界を健康に!その思いで突っ走ってください。
その時もちゃんと撮りに行きます。

そんな彼の新店
「JAPA SOBA HANAKO」
東京都港区麻布十番2丁目8番16号
ISIビル101
tel : 03-3451-0875

2020年8月13日オープンです!
よろしくお願い致します!

撮った写真の行く道

大坂なおみさんのファンでもないのに東レパンパシフィックテニスのパンフレットが送られてきた。中を見ると僕が撮った写真がクレジット入りで掲載されていた。ありがたいことと感謝しております。

何度か書いたかもしれないですけど、自分が撮った写真を納めた後、大体は聞いているとはいえ、実際にどこでどういう風に使われているか実は知らないことも多いんです。それが誌面やウェブや街角、色んなところで再会する機会があったりして、それが一番嬉しいことだったりします。おお!俺の写真が頑張ってるなと子供を見る親目線でニヤついてしまいます。

そういう商業写真の喜びと共に家族写真を撮る喜びもあって、これからの時期は年賀状用に撮りにお越しになる方が多く、毎年たくさんの年賀状に僕が撮った写真が使われるようです。
なので、大晦日の夜に布団に入ってから、僕の写真が色んな所に飛んで行ってるんだなぁなんてシミジミ思うと、とてもとても幸せな気持ちで眠りに落ちて、気持ちの良い新年を迎えることが出来るのです。

僕は本当に幸せな仕事をしています。撮られてくださる方がいて成り立ちます。ただただ感謝です。ありがとうございます。

真心米2016

今年も真心米の収穫が無事に終わりました。そしてパッケージ写真の撮影も無事に終わりました。今年で6年目。パッケージは6作目となります。いまだに「初年度のパッケージが一番!」と言われますが、あの年は東日本大震災の復興支援で販売することが決まっていたので唯一「田植え」の時に撮ったものなのです。二年目以降は「稲刈り」の時に撮っているので、趣きは変わるかもしれません。とはいえ、毎年パッケージの写真を楽しみにされている人がたくさんいらっしゃって、中にはそのパッケージを額に入れて飾ってくださっている人がいると聞いて燃えない訳がありません。今年はちょっと農家の方にご協力頂いて軽トラの荷台から撮りました。ある程度自分の頭の中にイメージを構築してきて、思ったとおりの写真が撮れました。ホっと一息でFB用の写真を撮ってると知らぬ間に背後にいらっしゃったようです。タオルで口元を覆っていたので「あやしい」と言われましたが、コンバインを駆って稲刈りするのを撮る際、ものすごいカスが舞うんですよ。意外と大変なんです。

夜の懇親会で打ち合わせを行うのですが、今年は熊本にも送らせて頂くことになっており、その辺も含めて、発送作業等で例年通りまた11月にここへ戻ってくることになりそうです。

もう生産者の橋本さんとも6年目ですか・・・ホンマに僕の親戚のおじさんみたいな感じですね。そんな北九州の親戚のおじさんに別れを告げ、最終のみずほに乗り込み相棒が待つ新神戸へ。

今回もお世話になりました。ありがとうございました。

真心米2015

真心米、今年も無事に収穫しました!そして今年のパッケージは桑田さんと共にここ数年の「やっつけ仕事」を反省し、定番となっていたゴルフウェアではなく、アミーチTシャツに身を包んで頂き、刈った稲穂をボールに見立て、往年のマウンド上での「ボールとの対話」の稲刈り版!的なアプローチで撮り切りました!

今年は台風の影響もあったようですが、生産者である橋本さんの手腕で見事な豊作でございました!ありがとうございます!

夜はミーティングを兼ねた懇親会。僕にはまだパッケージを仕上げて袋詰め、そして出荷作業が残っております。今年も最後まで頑張ります〜!

ちなみに我が家は毎年橋本さんがくださるお米で一年もってしまいます。二人家族だし週の半分はパスタなので。当然新米の内に食べるのが一番なんですけど、時間が経っても風味も食感も劣化しないのが真心米の凄いところなのです。

卒 団

agboy

今日で長らく管理させて頂いていた麻生ジャイアンツさんのホームページも契約満了。本当に色々お世話になりました。
2009年の5月、独立して間も無い僕は桑田さんから代官山のイタリアンレストランに来るように言われ、その場で人払いをされた桑田さんが仰ってくださった「何も心配しなくて良い。俺が付いてるから」という一言を僕は忘れません。39歳で何の準備もせずに独立した僕にとって、その言葉は暗闇の中に射す一筋の光でした。
そして、その後移動中の車の中で「この前話したNPOと麻生ジャイアンツの仕事を依頼したい」と仰ってくださったのでした。
二ヶ月後に生まれて初めて行った恵泉グランド・・・その一年後にあんなに通うことになるなんて思わなかったです。とても遠く感じられたその場所が、気がつけば本当に近所のグランドのように感じることが出来るようになったのは、行く度に優しくしてくださった父母会の皆さんの心があったからこそだと思っています。桑田さんは僕に仕事だけではなく、そういう皆さんとの交流も与えてくださり、それは僕にとってかけがえのない財産になりました。

毎年9月から新チームに切り替わる為、ホームページのトップ画像もそこで切り替えるのが定例となりました。いつも8月の夏合宿で撮影、戻って作業して8月31日の夜に更新というパターンで4枚のトップ画像を作りました。最初の二枚分は宇都宮で、後半の二枚は関西で撮りました。
一枚目は勝手も分からずなかなか踏み込めなかった為、素材用として撮りためた中からヘルメットの画像を今村チーフが選んで使ってくれました。
二枚目は二度目に伺った夏合宿でドカベン世代の僕が撮りたかった絵を撮りました。
三枚目は関西で夏合宿中、ツアコン的な仕事がメインで殆ど撮ることが出来ない中、なんとか最終日に撮りました。円陣の中でストロボたいて表情を出すのは不自然だとルーキーズを見ながらいつも思っていたのでリアルに夏のギラギラした感じを出したくてあえて逆光で撮ったのですが、とにかく撮影する時間がなく、一発でイメージ通りのものが撮れて安堵したのも今では懐かしい思い出です。キャプテンの森田君を中心に皆が発するかけ声を円陣の中心で聞けて嬉しかったです。
四枚目も関西の夏合宿中に撮りました。もうこの時は麻生ジャイアンツがこれでラストシーズンになることも決まっていましたし、元気一杯なチームの雰囲気で締めたかったので、二枚目と同じドカベン構図を更に突っ込んだ絵にしました。もう選手の皆との付き合いもそれなりにあったので、「こっち見たらアカンで!」と言っているのにカメラ目線を送ってくる子達がいて微笑ましかったです。最後の最後にちゃんと選手の皆さんとの距離もこうして縮めることが出来たんだなぁと思いながら更新作業を行ないました。
全て僕にとって一生忘れることの出来ない写真です。

僕は麻生ジャイアンツさんに対して何も貢献出来ずに、ただただ皆さんに優しくして頂いただけで終わってしまい、本当に反省することばかりです。
春、小学校を卒業したての新入団の子達のプロフィール写真を撮るのが楽しみでした。
夏、ギラギラした太陽の下で駆け回る子供、見守るお父さんお母さんから元気を頂きました。
秋、吐きそうなほどに切ないグランドに差し込む夕日を忘れません。
冬、吐き出す白い息が空に溶けていく中、成長した子供達の表情を見るのが楽しみでした。
気がつけば本当にたくさんの思い出が一杯です。僕と皆さんの時間はたくさんの写真の中に生き続けると思います。個人的にも色々あった4年間、僕の思いも背負ってくれたチームだったと思います。僕と少年野球の関わりは、今後もアミーチ・デル・クオーレを通じて続いていくと思いますが、僕を救ってくれたこのチームを僕は一生忘れません。
ありがとう!麻生ジャイアンツ! 一足先に卒団させていただきます。

サーキットといえば狼!でしょうか・・・

20130527

お世話になっている神戸トヨペットさんのお仕事で岡山国際サーキットに撮影に行ってきました。トヨタさんのお仕事にホンダの車で行く不届き者の僕をお許しください!近くちゃんと乗り換えたいと思っておりますです!

岡山国際サーキットでの撮影は二度目ですが、やはりいつもと違う撮影なので色々気を使いますが、普段あまりやらない流し撮りだったり、ヘルメット越しの表情を追ったり、やっぱり撮る事が好きでこの仕事をやっているので、撮影は楽しくて仕方が無いです。素晴らしい現場をありがとうございます!

サーキットという言葉を聞けば、続けて「狼」と答えるスーパーカー世代ですので、カッチョイイ車を見ればそれなりにテンションは上がります。周回ごとに聞こえてくるエンジン音もスーパーカーのエンジン音が入ったレコードを聞いて育った世代なので、それなりにテンションが上がります。
と言いたいのですが、もう強烈にウルサイですよね。この日はフォーミューラーカーみたいなのも走っていたのですが、それがまた強烈な音でした。バイクにいたっては虫のようです。自分がバイクに乗っている時は感じなかったのですが、クルマの音に混ざると虫のようにしか聞こえません。
カッチョイイ車に関しても、下世話な話いくらくらいするんですか?という興味が先に出るアカン大人になってしまいました。もうピュアなマインドで車を見ることが出来ません!サーキットの狼の世界とはほど遠いですね。ドリフト走行とか見てるだけで恐いですもん・・・。

とりあえず、走り去る車を見つめ「飛ばし過ぎやで・・・」と呟く場違いな男です。
あ!写真はバッチリですからご心配なく!

諏訪湖のほとりにて

20130519

5月19日に桑田真澄さんのNPOであるアミーチ・デル・クオーレの野球教室が長野県の諏訪湖スタジアムで行なわれる為、事務局の仕事と撮影の仕事で行って参りました!諏訪湖は20年くらい前に八ヶ岳に行く途中、SAで休憩して以来です!
今回は名古屋で特急しなのに乗り換えて行ってきました!しなのと言えばL特急!僕が子供の頃、銀河鉄道999のブームに端を発してブルートレインやL特急が流行っていました。大人になって乗る事になろうとは・・・。この仕事をしてなかったらきっと乗ってなかったと思います。

宿泊先の温泉は諏訪湖を一望出来る素晴らしいお風呂でした。風呂に入る時には眼鏡を外すので、全く何も見えないんですけどね・・・。ま、気分だけはしっかり楽しませてもらいました!と。そんな感じです。泉質は素晴らしかったです。滞在中、しっかり三回は入浴させて頂きました!

野球教室の方は最後に天気が崩れましたが、最初からずっと快晴で、子供達の笑顔がとても印象的でした。いつもいつも子供達の元気な笑顔にパワーをもらっています。帰りの車中で思い出すのは、いつも彼等の笑顔です。本当に感謝です。

いつも皆さんと別れて一人逆方向に帰るのですが、その時がもう本当に吐きそうな程に切ないのです。こればっかりは慣れないですね。清々しい気持ちも当然あって、充実感に包まれながら、本当に良い風に吹かれるんですけど、別れる瞬間だけは切ないですねぇ・・・。

とはいえ、一人で車中に滑り込んだらビール飲んで車窓からの眺めを堪能、気がつけば戻ってきてる、そんな感じですけどね。すっかり旅慣れてしまいました。

野球は楽しい!

20130512

桑田真澄さんのNPOであるアミーチ・デル・クオーレの事務局の仕事と桑田さんとファンの方の食事会である「十八夜」の事務局の仕事、その他諸々のお手伝い、そしてメインの撮影の仕事で、5月11日から14日まで宮崎に行ってきました。

11日の夜に宮崎入りした後、12日は午前中に延岡に移動して講演会と野球教室。終わって宮崎に戻って木の花ドームで親睦草野球。13日はゴルフコンペ(の事務局)があって夜は十八夜。14日に戻るというスケジュールでした。

いつもながら知らない街に行くのは楽しいもので、今回は延岡市に初上陸。いつも小倉から乗っていた「ソニック」を逆から乗るパターンである「にちりん」に乗って移動。車窓からの眺めは同じ九州だけに似た感じではありましたが、それでも初めて見る景色はとても素晴らしいものでした。

今回はそれなりにハードなスケジュールだったのですが、僕的にハイライトは草野球でしょうか。全く出場するつもりは無かったのですが、試合前にユニフォーム(といっても特注のTシャツ)が支給され、「守らなくても良いから順番が来たら打席に立って打つべし!」と指令が出ましたので、急遽二打席(ショートゴロと三振)出場させて頂きました。久しぶりにバットを振りましたが、やっぱり野球は楽しいですね。前の職場でよく早朝野球をやってましたけど、いつもは朝起きない連中でも早朝野球となるとやってくるのを思い出しました。この日も皆さんハツラツとしていて、桑田さんをはじめ永遠の野球小僧ぶりに胸が熱くなりました。次回、機会を頂けるのであれば、事前にバッティングセンターくらいには行っておこうと思いました。後、守備機会も是非!

なんだかんだで一年に一回のペースで上陸している宮崎。もうそれが十年以上続いているので、さすがに僕にとっても第二の故郷的になっております。関係者の皆様、お世話になりました!ありがとうございました!

また今年もありがとう!天使達!

2013032201梅田シェフ再び!・・・という訳で、今日は子供達の最後の給食を父からプレゼント!という企画で保育園に行ってきました。
先日の食育の一環で行なわれた餃子パーティーで子供達から心を捧げてもらった父が、子供達に何かしてあげたい!と園長先生と相談して、卒園する子供にとっては最後の給食となる本日、カレーをふるまうことになったのでした。
一生懸命仕込んだ園児100名+先生20名分のカレー(当然味は子供用と大人用の二種類!)をもって午前9時に園に到着!子供達の前でデモまで行なってのカレーパーティー。子供達の「美味しくな〜れ」の大合唱の中、一生懸命鍋をかき混ぜる父はとても幸せそうでした。そして、手伝う母と姉も素晴らしい表情でした。
一緒にカレーを食べた後、歌のプレゼントのサプライズで全員号泣。ただただ子供達の無垢な心に救われた一日でした。思えば三年間、僕はずっと彼等にこうして救われてきた訳で、とにかく感謝の気持ちで一杯です。

そんな訳で、三年目にしてようやく、子供達に直接お礼を言うことが出来ました。子供達が作ってくれたアーチをくぐって父と母と姉が退場した後、先生にお願いして少しだけ時間を頂き、子供達にいつまでも笑顔を無くさないで欲しいというお願いと、三年間仲良くしてくれたことへのお礼を言わせてもらいました。子供達一人一人からハグを通じて暖かい気持ちをもらい、ずっと愛してもらい、そして僕も愛せて、そういう関係でいれて本当に良かったと思いました。
一年目の子供達を見送る時、手紙を書くのがやっとで、昨年は一言だけ気持ちを伝えるのが精一杯で、三年目にしてようやくしっかり言葉を伝えることが出来ました。
子供達にも言ったのですが、僕が彼等に最初に会った時から比べて、彼等は身体も心も本当に大きく成長しました。勿論、まだまだ成長するのだと思います。そんな中、全く変わらない部分があって、それはいつも見せてくれる素晴らしい笑顔で、それだけは大人になっても無くさないでいて欲しいと思っていて、そうなるように頑張って欲しいし、そう願うばかりです。
彼等と過ごした日々、そしてたくさんの思い出は僕にとってかけがえのない財産で、本当に本当にいつも仲良くしてくれて心から感謝しています。
一年目も二年目も僕と彼等との間に写真が残っているから僕の事は忘れてもらっても良いと思ってきましたけど、今日も彼等に言いましたが、僕は皆が大好きで、皆のことを絶対忘れないから、皆も僕のことを忘れないでいて欲しい、はじめてそう思いました。毎日ではないにせよ、共に過ごすということはそういうことなんだと思います。
本当にありがとう。愛しています。